「えほんのカエコト(どうぞのいす)」

11月7日(土) 橿原市のイベントで開催

「えほんのカエコト(どうぞのいす)」は、絵本どうぞのいすをモチーフにした<絵本の交換会>です。「どうぞのいす」は何故こんなに子ども達に人気があるのでしょうか?子ども達は、次の時代の風を感じ取っているのかもしれませんね。

①絵本を持ってくる

②持ってきた絵本は自分で綺麗にする

③綺麗になったかヒロにいにチェックしてもらう

④「どうぞ」と言って椅子の絵本やお菓子やおもちゃと交換する

ダウンロード.jpg

ウサギさんは小さな椅子を作りました。
けれども、その椅子をどこに置くかは決めていませんでした。

「さて、この いす、どこへ おこうかな。」

少し考えて、野原の大きな木の近くに置きました。

その椅子の横には『どうぞのいす』と書いた立て札も立てました。

 

どうぞ、ご自由にお使いください

9784893252500_2.jpg

そこへ最初にやってきたのはロバさんです。

ドングリの入った大きなカゴを背負っています。

「おや なんて しんせつな いすだろう。」

そう言って、自分が座る代わりに、背負っていたカゴを椅子の上に置きました。

ロバさんはドングリを拾った帰りで疲れていました。

そこで、大きな木の下に腰掛け、しばらく休憩することに——。

ところが、ついついお昼寝をしてしまうのでした。

489325250X_20151110185225_op1.jpg

そこへ今度はクマさんがやってきて、カゴに詰まったドングリを見つけました。

「これは ごちそうさま。どうぞならば えんりょなく いただきましょう。」

クマさんは、カゴの中のドングリを一つ残らず平らげてしまいました。

けれども、空っぽになったカゴを見ると、自分だけで食べてしまったことを申し訳なく思いました。

ドングリの代わりに、瓶詰めの蜂蜜をカゴの中に入れていきました。

『どうぞ』の思いやりの気持ちがつながる

さらに今度はキツネさんがやってきて、カゴに入った蜂蜜を見つけました。

「まあ ごちそうさま。どうぞならば えんりょなく いただきましょう。」

キツネさんは、カゴの中の蜂蜜をペロリと平らげてしまいました。

けれども、全部食べてしまったことを申し訳なく思うと、持っていたパンをカゴの中に置いていくのでした。

こうして、カゴの中の食べ物は取っ替え引っ替えされていき、ようやくロバさんが目覚めたころには……。