奈良県御所市 

 こども110番の家復活プロジェクト 

・経緯

​ユーニノイは2021年2月奈良県御所市に拠点地を移しました。その際、又「こども110番の家」に登録しようと御所市の教育委員会に問い合わせした所、御所市では「こども110番の家」の運営は現在(長い間)されていないという事実が判明しました。

ユーニノイがある御所市元町は葛城市と接しており、30m北側は葛城市です。葛城市に入ったとたん沢山の「こども110番の家」の旗が目立ちます。しかし、御所市に入ったとたん「こども110番の家」の旗はなくなってしまいます。

犯罪者心理を考えるとこの状況は、子どもにとって「安全、安心」とは言えません。

さらに、橿原警察署に相談した所、「こども110番の家」の運営と予算は各市町村に準じている事がわかりました。

以上の事をふまえ、それらの事を御所市市長にメールで相談させていただいた所、御所市教育委員会様から素敵なご返答をいただきましたので、ここにご紹介させていただきます。

**********************************************

『このたびは、「市長へのメール」をご利用いただき、ありがとうございました。
ご意見をお寄せいただいた「こども110番の家」について、学校教育課より回答いたします。

現在、本市の「こども110番の家」については、各自治会や防犯協会等で独自に運用されており、行政において各地域・大字等での運用状況を把握できていない状況にあります。しかしながら、子どもたちが安心して暮らせるまちづくりは、行政として必要不可欠な責務であります。犯罪等の危険から子どもたちを守れるよう、現状の把握を行い、「こども110番の家」の運用に向け、関係各課と協議し検討を行ってまいります。また、状況に応じて予算化も検討してまいります。

貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。今後も、本市の教育行政にご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

御所市教育委員会事務局
学校教育課

2021年3月16日

**********************************************

御所市が子ども達にとって安心・安全な街になる事を願い、ここに今後の御所市での「こども110番の家」の進捗状況をわかる限り記載していきます。2021年5月12日