一般社団法人ユーニノイ こどもクラブ

おやこ あすか んぽ

子ども達はみんな才能溢れた天才!

とユーニ:ノイは考えています。

才能とは、好奇心を発見する力!持ち続ける力!表現する力!そんな力を応援します。

12月2日()

約8kmの登山コースです。明日香村小学校では5年生で挑戦するそうです。帰り町屋カフェ「のこのこ」さんで美味しいデザートを食べます!

「壺阪寺」→「五百羅漢」→最強の山城「高取城跡」→「猿石」→「土佐街道」→「町屋カフェ」

体験できること

<午前>壺阪寺(拝観無し)

大宝三年(703)に元興寺の僧弁基上人がこの山で修行していたところ、愛用の水晶の壺を坂の上の庵におさめ、感得した観音様のお姿を模刻してまつったのが始まりという壺阪寺からスタートします。

<午前>五百羅漢

高取町・高取城跡の近くに、大きな岩山いっぱいに彫られた石像群『五百羅漢岩』があります。ここは「壷阪寺」の奥の院とも呼ばれる場所で、周りにもいくつもの石仏が点在しています。

<昼ごろ>高取城跡

NHK総合『あなたも絶対行きたくなる!日本「最強の城」スペシャル』で見事、日本最強の城に選ばれた山城跡です。

<午後>猿石

高取城跡二ノ門外、城下町に下る大手筋と岡口門への分岐点にあり、制作は飛鳥時代の斉明朝(7世紀)と推定される。実はこの猿石、高取城築城の際、石垣に転用するのに飛鳥から運ばれたという。明日香桧隈の吉備姫王墓の域内にある石像物と同類のもので、猿に似た大きな面相、両手を前にし、下腹部に陽物を見られる。郭内と城内の境目を示す「結界石」としたとの説。守護神を兼ねる猿には馬の守神という俗諺あり。

< 午後>土佐街道

飛鳥時代に土佐の人達が住んでいたとされる街道。『日本書紀』の推古天皇20年(612年)の条にはこの地で「薬猟(くすりがり)」が行われたと記されています。古い町屋が残っている街道です。

< 午後>町屋カフェ「のこのこ」

町屋カフェ「のこのこ」さんでおやつを食べます!疲れた体には、甘いもの!!!

<随時>子ども会議

問題が起こった際や、新しいアイデアが生まれた時は、子ども会議が開かれます。

Please reload

内容・詳細

<予定>
⇒09:30 壺阪山駅集合
⇒09:45 壺阪寺行きバス出発

⇒09:55 壺阪寺到着(拝観無し)

⇒10:00 自己紹介、説明

⇒10:15 高取城へ出発(山道・五百羅漢)

⇒12:00 高取城・昼食

⇒13:30 高取城出発(山道・猿石)
⇒15:30 土佐街道・おやつ(のこのこカフェ)

⇒16:15 のこのこカフェ出発

⇒17:00 振り返り

⇒17:15 壺阪山駅前解散(あすかいなかのおうちで休憩可)

ひとり1000えん

​壺阪山駅⇒壺阪寺バス代・のこのこカフェデザート代込み

保険料・材料代込み

★持ち物:飲み物・昼食(お弁当など)・着替え・タオル・常備薬など

★服装:汚れても良い服装・長ズボン・帽子・スニーカー・くつした ※虫や蛇対策が必要です。

★参加資格: 子ども(3歳以上)・親子

​※急な坂道や道の悪い場所が多いですので、予めご了承下さい。

★子ども見守りボランティア募集しています。(3名まで)

​※高校生、大学生、高齢者の方など誰でも応募可能です。「見守りボランティア希望」とメールをお願いします。