LINEコラージュ

線で対話しながら描くコミュニティーアート

「LINEコラージュ」とは、2人以上で1枚の紙に順番に線を書きていく技法を用いたゲーム感覚のシンプルなコミュニケーションツールです。ある時は、将棋のように勝負になったり、ある時は、協同作業になったり、、、2人以上で行う事で自然とゲーム的要素が生まれます。又、驚くほど相手の性格や感情、環境などがわかってしまう心理学的要素と、吐き出しによるセラピー的要素も兼ね備えたツールです。とはいえ、主な目的は、協同でおもしろい作品を作ってみよう!という所ですので、気構えず頭の中を空っぽにしてシンプルに楽しむ事がコツです。

 基本的な流れ 

順番に

​線を書く

細かい事は無し!自由

自然と終わりが来ます

IMG_1297.JPG

<コツ>

主になる人は、あまり喋らない事。ルール説明など一切せず、先に線を書いて、相手にペンと一緒に渡してみましょう。いちいち口で説明したり、それは違うやろ!などの指摘や注意、指導などをすると台無しです。感じる事に集中しましょう!

<基本的な流れ>

①いきなり紙に線を書きペンと一緒に相手に渡します。

相手が子どもの場合、年齢にもよりますが、「なに?どうしたらいいん?」などいろんな質問をされる場合がありますが、無視して「はい、どうぞ」と言ってみて下さい。「意味わからん!」と怒り出すもいますが、もう一度「はい、どうぞ」と紙とペンを渡してあげて下さい。初めに口で説明してしまうと、この重要な最初のやり取りが

台無しになってしまいます。すぐに受け入れる事が出来る子、躊躇しながらも少しづつ受け入れる事ができる子、意味がわかるまで頑なにやろうとしない子、、、

②互いに順番に線を書きます

互いに線をひくだけというシンプルなルールですが、こちらと同じ線を書く人、同じ形を何個も書く人、直線的な線をひく人、ペン質が弱い人、強い人、漫画的な絵を書く人、、、様々です。考え込む人、瞬時に判断する人、順番を無視する人、独り言をぶつぶつ言う人、自分の陣地を大事にする人、、、。

 

③余裕があれば仕掛けてみて下さい。

​相手の線に新たに線を加えてみたり(相手の陣地に侵入)、今まで出ていない線を使ってみたり、奇抜な線を加えてみたり、、、。「おっ!そうきたか!」とか、「やるなー!」とか「なるほど!」や「今俺の方がちょっと勝ってるなー!」とか時々声掛けでも仕掛けてみると、相手のこだわりや殻を外すきっかけになります。

 

④もうこれ以上書けないという瞬間が訪れたら終了です。

時々、煮詰まってぐちゃぐちゃ線を引く子がいます。そうなったら台無しなので、その前に声をかけてあげて下さい。

とてもシンプルな手法ですが、実際に行ってみると、相手の意外な一面に気づいたり、自分の意外な一面に気づいたり、、、自分自身や相手との心の距離が少し近づいている事に気が付いたりします。線だけではなく色を置いていったり、どんぐりを置いていったり、、、「おもしろい」を中心に楽しんでいただければ嬉しいです。

99f734_884692ad14974a7bbf70622aa75553ad.
IMG_1297.JPG