​「かえこといち」&「無料休憩所」は、世代や地域を超えたコミュニティツールです。

​「あすか みんなの おうち」

​大人も子どもも参加出来る「物々交換市」

クラブ

日曜日

​不要な物が

​・必要な物に変わったり!

​・みんなのためにシェアされたり!

​・子ども達の遊び道具になったり!

​・世代や地域を超えた出会いの場になったり!

 そして 

​・子ども達の学びワークショップに!

​「ポイント」による物々交換です。

​「あすかみんなのおうち」でみんなのためにシェアされます。

​「かえこといち」&「無料休憩所」に集う人達の出会いの場になります。

​「子ども部屋」での子ども達の遊び道具になります。

​「かえこといち」は子ども達により運営されます。

​「かえこと」とは、奈良の方言で「交換」や「シェア」を意味するそうです。

​▶▶▶こどもが こどもの力で 自分をみつけるプロジェクト▶▶▶

​【 お知らせ 2018年12月4日 】

「かえっこバザール」のカエルポイントが使用可能になりました。

注意:1日1人10ポイントまで!

注意:カエルポイントを貯める事は出来ません。使えるだけです。

※カエルポイントを大事に貯めているけど、使い道がなくて困っているという子どもの声があった為

IMG_0001[1].JPG

 基本的な流れ 

不要な物を

​持って来る

※汚れが酷いもの、壊れているもの、賞味期限が切れているもの、大きい物等はご遠慮下さい。衣類等は洗濯を済ませてお持ち下さい。

ポイントに

​交換

1個1点から3点

※本と衣料類は、買取も販売も一律1点です。

必要な物を

​持って帰る

オークション15時

赤シール1点、青シール2点​、黄緑シール3点

 例えば 

・読まなくなった「図鑑」を「おもちゃ」に交換

・見なくなった「絵本」の交換

・遊ばなくなった「おもちゃ」の交換

​・働いて貯めたポイントで、お父さんお母さん、お友達へのプレゼンに交換→ラッピング方法はたまちゃんに教えて貰ってね

・使わなくなった「日常品」をお孫さんの「おもちゃ」に交換

​などなど。。。

 ポイントをゲットする方法 

・不要な物を持って来る(1人1日5個まで)

・お手伝いをする(こどもハローワーク)

​・みんなの貯金箱に寄付(1点100円)

​ たった一つのお約束:「ズルいことをしない」 

 「かえこといち」のおもしろいところ 

・査定はその時査定係の子どもの価値観によって決まります。

 例:電車好きの子の場合、電車は全部3点など

 ※子どもがいない場合大人が査定しますので、割と普通の場合も。

・ルールはその時の子どもが急遽変更する場合があります。

・子ども達には、沢山の仕事が用意されています。働いて得たポイントで自分の欲しい物をゲットする事も可能です。又、自分で仕事を作る事も可能です。

​・子どもだけではなく、誰でも参加可能です。

・価値の高い物がある場合は、オークションが開催されます。

▶つまり、不要な物が、新しい価値を生み出します。