「飛鳥 自然探索 学童保育」

こども あすか さんぽ

こどもから ひろがる じゅんかん

健康チェック 飛鳥自然探索学童保育

前日、当日朝のお子様の健康チェックをお願いします

子どもの健康管理の基本は、「いつもと違う状態」に気づく事です。その為、「いつもの状態」を把握しておくことが、大切です。

「きげんは?」

いつもより元気がない!グズグズしてきげんが悪いなどいつもとちがうようすがみられたら要注意です。体調が悪いためか、心理的なものか、原因を探りましょう。

「顔色・表情は?」

顔が赤い、青白いといった場合は、発熱していたり、体調を崩していたりすることが多いので、検温してみましょう。(平熱も知っておきましょう。)

「熱・せきは?」

顔がほてっている。手が熱いという場合は検温をしましょう。せきだけで、熱がなく元気な時は、しばらくようすをみるとよいでしょう。

「肌の状態は?」

いつもない発疹がみられたら検温し熱があれば受診しましょう。その時流行っている感染症があれば、特に注意して症状を確認しましょう。

「便や尿のようすは?」

トイレに行く前につらそうな表情をしたり、何度も行く、時間がかかる、という場合は、いっしょにトイレに行き状態を確認しましょう。

「子どものことばは?」

「気持悪い」「疲れた」「眠い」「寒い」「熱い」といったら、熱を測り、ようすを観察します。少したってから熱が上がることもあるので、しばらく激しい動きを控えたほうがよいでしょう。

「体の動きは?」

足取りが重い、だるそう、という時は、子どもにどこか具合が悪いのか、聞いてみましょう。ことばで訴えることのできない子どもの場合は、検温などひととおり体調をチェックしたうえで、その日1日注意して見守りましょう。

発熱や咳がある場合は参加を見合わせて下さい。又、いつもと様子が違う場合は、必ずご報告お願い致します。