大空小学校


大空小学校を知ったのは、約2年前。

みんなの学校を見たある人から、ぜひ見るようにと勧められたから。

その人は、その番組をたまたま見、感動し、そしてすぐにテレビ局に、メールをした。こんな素晴らしい番組は、ゴールデンでやるべきだと、再放送すべきだと、みんなに見てもらうべきだと。

自分もこの番組をすぐに見た。 こどもの事を、なぜかするようになって、すぐの事だった。

自分は何度も言っているが、こどもが好きじゃない。 ただ、おもしろいから携わっているだけの軽い人間だ。

そんな自分でもわかった。 ここには、答えに近づく何かがある事が。

自分の興味は、人間。 そして、宇宙。 宇宙、自然の方程式。

ここには、それに近づく何かがある。

すぐに、その人とこの学校を訪問した。

自分はその時の仕事柄、この学校を取り巻くいろんな事を耳にし、目にする事ができた。

町会や地域との確執。予算の事。生徒が中学校に進学した際の問題。先生の移動の問題。行政や教育委員会との問題。。など。

ある意味それは当たり前の事。何の問題もない社会や地域なら、こんな学校は話題にならない。当たり前の存在だから。

訪問した際、すぐに解った。

こどもたちの顔を見て、理解できた。 やっぱり、この学校は素晴らしいという事が。 こどもたちの奥にある「誇り」が見えたから。

いろんな施設があり、いろんな組織がある。 いろんな良い事をいろんな人が行っている。 どこでも、いろんな問題があり、苦労がある。 それは、当たり前。

自分たちは、言葉や文章を重要視しない。

こどもの顔を見る。 奥の方を感じ取る。

松陰は、生徒を友人としてむかいいれた。 一緒に学びたいと、生徒に頭を下げた。

「根本善」があれば「根本悪」もある。 それは同時にある。 それは、当たり前。

「幸せ」を本気で前提にする事で人は変われる。

そんな誇り高き存在に、死ぬまでになれるかな。

こどもたちを見習わなければ。

がんばろーっと(^^)

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square