掃除


先日、子ども達とお店の前を掃除した。

暑くて、しばらくサボリ気味だったので、今日こそはするぞー!っと朝から決めていた。

しかし、焼けるように暑い。 誰か手伝ってくれる子来ないかなー いやいや、一人でもするぞーーーー!!!

と覚悟した途端。 6年生が来たw

よっしゃ!

「ええとこに来たやん。手伝って!」 「何を?」 「掃除!」 「ええよ!」 やけにあっさり、決まったw

みんな、汗だくになりながら、1時間掃除をした。 最後の方は、 「もうやめようやー」と言っても 「◯◯なー!なんか気持ち良くなってきたー!綺麗になると気持ちいいなー」と言い出した。 「お前、熱中症で頭やられたんちゃうかー(*_*;。水のめ!!!」 「あほかー!だいじょうぶやー!!!」

掃除が終わった後、 「道には、以外とゴミ落ちてるやろ-」と聞くと 「うん、ほんまやなー」 「なんで、ポイ捨てなんかするんかなー?しかも、大人が」 「あんなー!ゴミ箱が少ないねん!!!」 「えーーー!?大阪いっぱいゴミ箱あるやん。コンビニとか」 「3m置きにいるなー」 「えーーー(笑)そんだけ、ゴミ箱あったら、それを回収する人がいるなーw又、お金いっぱいかかるやん。税金。」 「あっ!そっか(*_*;。じゃあ、普通の家の人が、家の前にみんなゴミ箱置いたらええんちがう?」 「おもしろいなー(^^)。でも、◯◯の家の前ゴミでいっぱいになってもええかー?てか、ここに灰皿置いたのに、道に吸い殻捨ててはるやろー。」 「ほんまやー(*_*;」 「なかなか、難しいやろー(笑)」

捨てる人がいるから、拾う人がいる。

もしかしたら、循環としては間違って無いのかもしれないw 拾う人も、拾う前や、拾ってる最中は楽しくないけど(僕は)、拾い終わると、綺麗になると気持ちが良いのも事実。なんか、無条件に良い事をした気になる。と思うと、あんまり腹も立たなくなるのかもw

うわー!ここにこんなん落ちてる!なんでやろー! キャー!蝉の抜け殻や-!!!

結構楽しんでいる子ども達を見ていると、別にどうでもええかーっと思えてくるw

自分の中の怒りは、どこから来て、どこに向かっていくのだろうか?

それは、良い方向に向かっていくのだろうか?

良い怒りと、悪い怒りなんてあるのだろうか?

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square