[学童保育の現場から]②


今日は1つ嬉しかった事がありました。

鉛筆削りを知らない1人の小1男子…。

一緒に手伝いながらやっていると、中に芯が詰まって動かない(手回し式削り機) 😅 "ちょ、ちょっと待ってや"と分解して詰まった芯を取り出し色々試行錯誤しても直らない。 (その様子を食いつくように見られていた😅)

"待たせてごめんなー。" と言うと。

削り機を分解したのを触ったり、色んな角度から見だした。 芯が削れる仕組みが面白かった様子。

その時の目がキラキラしていて "不思議やな"と一言いうと うれしそうな顔をした。

壊れた削り機の事はどうでもよくなって😁

また新しいの買いに行こっ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square