[学童保育の現場から]①


"文句と意見"

文句と意見は違います。 意見は未来につながります。

学童保育の現場では、春休みに入り新年度を迎え、指導員の疲れが溜まってきている今日この頃。

子どもたちは相変わらず元気いっぱいで その中で子どもと向き合うと、色々自分の言いたい事をストレスと一緒に発散して来ます😅

私はいつも "文句は一切受け付けない。 意見は聞きます。"

とだけ言います。

子どもは自分の伝えたい事を分析しだします。 🤔意見?文句? (その時間、わずか10秒ほど…😱)

その後は自分の意見を言って来ますが😅

なるほど…と思う事と えー…と思う事と それは無いわーと思う事と うまく乗せられそうになる時も…。

その場の雰囲気に飲まれそうになる時。

やばい…と思うときは。 (なんせ、30秒ほどの出来事なので😅)

"判断は1人でせんとみんなに聞いてみ" とだけ言います。

😅逃げた。

子育てには これが正しい。 これが間違い。

答えはどこにも無く、その子の中にありますから…☺️

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square